認定個人情報保護団体とは

◎認定個人情報保護団体制度の目的等


 民間による個人情報の保護の推進を図るために、自主的な取組を行うことを目的として、個人情報保護委員会の認定を受けた法人(法人でない団体で代表者又は管理人の定めのあるものを含む。)のことです。

 

 認定個人情報保護団体は、法第47条第1項各号で規定される業務(対象事業者※の個人情報等の取扱いに関する苦情の処理など)を行うほか、自主的なルールである「個人情報保護指針」を作成し、その個人情報保護指針に基づいて対象事業者を指導していくことが求められています。

 

 

◎認定個人情報保護団体制度により期待される効果


 制度により、認定個人情報保護団体、事業者、消費者のそれぞれにとって、次のような効果が期待されています。

 

①認定個人情報保護団体

 個人情報の適正な取扱いを確保している業界であることについて、国民から一定の信頼を得ることができる。

 

②事業者

 苦情処理において、認定個人情報保護団体が第三者機関として関与することで迅速・円滑な解決が期待できる。

 認定個人情報保護団体による適切な情報提供によって、対象事業者における一層の個人情報保護のための取組が促進されるようになる。

 

③消費者

 苦情処理において、業界に精通した認定個人情報保護団体が第三者機関として関与することで迅速・円滑な解決が期待できる。

 認定個人情報保護団体の監督の下で、事業者がきちんとルールを守って個人情報を取り扱ってくれる。